シミ消す化粧品ランキング決定版TOP » シミの種類 » シミの種類:花弁状色素斑の特徴と原因

シミの種類:花弁状色素斑の特徴と原因

shimi008シミには色々な種類がありますが、花弁状色素斑というシミもあります
これは背中や胸やお腹などにできることが多いのですが、特徴としては広い班員にボツボツとシミが散らばってまるで花びらのようにみえるのが特徴なのです。
そして腕などにもできることもあります。
このシミのできる要因なのですが、実は紫外線が大きな要因なのです。
子供の頃や若い頃に日焼け止めをつけることなく海水浴をしたことのある方などがなることが多いのです。
蓄積された紫外線は中年以降になってからシミになってしまうこともあるのです。
まるで墨を飛ばしたかのような背中になってしまいますので見た目にきれいなものではありません。

そばかすのようにも見えるシミですが、実はこれは取ることができるのです。
どのようにして取るのかというと、レーザーや光によって取ることができます
基本的には普通のシミの治療方法で取れるのです。
範囲は広くなりますので時間とお金が掛かってしまいますが何度も続けることによってだんだんとシミが薄くなってくるのです。
そして目立たなくなります。
昔によく海水浴をしていて紫外線対策を全くしていなかったという方は注意してください。

予防する方法としては海水浴などに行くときには焼けないようにできるだけ日焼け止めするとか。
あまり焼きすぎないようにするというのも方法です。
背中は普段見えない部分ですのでそれほど問題はありませんが、基本的に水着を着用したときに露出する部分にできるシミですので首や胸元などのにできることもあるのです。
これは目立ってしまいますのでエステサロンやクリニックで治療をすることをお勧めします。
最初のうちはそれほど大きなシミではなく茶色い薄いシミが出ることが多いのですが、段々とそれが大きくなってきてしまいます。
できるだけ早いうちに対処したほうが早く解決することができますので、怪しいと思ったときにはすぐにでも治療をするようにしてください。


関連記事

  1. シミとほくろの違いとはどのような点でしょうか
  2. シミの種類:ベルガモット皮膚炎の特徴と原因
  3. シミの種類:ADMの特徴と原因
  4. シミの種類:女子顔面黒皮症の特徴と原因
  5. シミの種類:脂漏性角化症の特徴と原因
  6. シミの種類:日光性色素斑の特徴と原因
  7. シミの種類:そばかすの特徴と原因
  8. シミの種類:炎症性色素沈着の特徴と原因