シミ消す化粧品ランキング決定版TOP » シミの種類 » シミの種類:ベルガモット皮膚炎の特徴と原因

シミの種類:ベルガモット皮膚炎の特徴と原因

shimi029ベルガモット皮膚炎という症状があります。
これはシミを引き起こしてしまうので気をつけなければいけません。
そもそもベルガモット皮膚炎というのは何なのかというと、ベルガモットの油を使ったときに起こることなのです。
ベルガモットというのはよくアロマとして使われています。
精神を落ち着かせてくれる作用があるということで人気なのですが、実はこのベルガモット油というのは紫外線に当たりますと皮膚炎を起こしてしまうものなのです。
そして皮膚炎が起こった後に色素沈着が起こり、皮膚炎になってしまうのです。
ですので体に直接つける化粧品にはまずベルガモット油は使われていないのです。

しかしそれでもこの症状になってしまうことがあります。
例えば香水などにはベルガモット油などが使われることがあるのですが、これを衣服などにつけたときに、後で汗をかいてしまい、その汗でベルガモット油が流れ出し、皮膚について炎症を起こしてシミになってしまうこともあります。
ですので香水などを使うときにもできるだけ体には直接触れないように使わなければいけないのです。
これは一度シミができてしまいますと取るのが大変になりますので、香水などを選ぶときにはできるだけベルガモット油などが使われていないものを選ぶようにしてください。
ただベルガモット油がかかっただけで皮膚炎を起こしてシミになるというわけではありません。
あくまでも紫外線にあたることで毒性を発生してしまいますので紫外線の当たらなところで使う分に関しては毒性をかなり避けることができます。

ベルガモット油というのは自然の素材ですので安全性が高く毒性が全くないように思われるかも知れませんが、実は自然のものでもこのような毒性があることもあるので気をつけてください。
自然素材でできている化粧品であれば無条件で安全という考え方をするのは決していいことではありません。
安全な材料を使っているのかどうかをよく確かめることが大事なのです。


関連記事

  1. シミとほくろの違いとはどのような点でしょうか
  2. シミの種類:ADMの特徴と原因
  3. シミの種類:女子顔面黒皮症の特徴と原因
  4. シミの種類:花弁状色素斑の特徴と原因
  5. シミの種類:脂漏性角化症の特徴と原因
  6. シミの種類:日光性色素斑の特徴と原因
  7. シミの種類:そばかすの特徴と原因
  8. シミの種類:炎症性色素沈着の特徴と原因