シミ消す化粧品ランキング決定版TOP » シミに効果的な成分の働きと摂取できる食物, シミを消す仕組み » シミに効果的な成分の働きと摂取できる食物:フェルラ酸

シミに効果的な成分の働きと摂取できる食物:フェルラ酸

shimi035シミの予防や改善には普段のお肌のお手入れとともに、食生活も大切です。
野菜や果物を積極的に摂取し、バランスのとれた食生活を送ることが肌にも良い影響を与えます。
ところで、シミを取る効果があるとして注目を集めている成分に、フェルラ酸があります。
これは米や麦、コーヒーやリンゴ、ピーナッツやクルミなどの種に含まれているといわれていて、身近な食べ物の場合、米ぬかに豊富に含まれています。
もともと地中海に多いセリ科のジャイアントフェンネルという植物から見つかり、命名された成分です。
ポリフェノールの一種で抗酸化作用があり、紫外線を吸収する働きもあります。

シミに関しては、メラニン色素をつくりだすチロシナーゼという酵素の働きを抑えることが知られています。
また、最近の研究では認知症の予防効果も高いといわれています。さらに、抗がん作用や血糖値を下げる効果がありそうだということで、調査も行われています。
そのため、食品やサプリメントの原材料としての需要も高まり、米ぬかから効率的に抽出する技術も開発されています。
フェルラ酸を添加することで食品の酸化や変色を防止することができ、化粧品としてはUVカット機能に注目が集まっています。

食事の際に効率的に摂取しようと思うと、一番身近なものは玄米や発芽玄米でしょう。
また、糠漬けを食べることでも効果があります。
さらに、パンを食べるときにもできるだけ未精製の小麦を使ったものにすると栄養を逃さず摂ることができます。
また、ナッツ類もおすすめです。ナッツ類にはフェルラ酸のほか、必須アミノ酸の含有量が多く、抗酸化物質が豊富です。
特に炒ったり油で揚げたりせずに食べられるクルミは栄養成分をそのままとることができ、高い効果が期待できます。
また、最近健康効果や美容効果が注目され、理想的な脂肪酸の組成を持つとされるオリーブオイルにも含まれています。
毎日サプリメント感覚で楽しんで食べたいものですね。


関連記事

  1. シミに効く成分の特徴と働き:トラネキサム酸
  2. シミに効く成分の特徴と働き:ビタミンC
  3. シミに効く成分の特徴と働き:レチノイン酸
  4. シミに効く成分の特徴と働き:コウジ酸
  5. シミに効く成分の特徴と働き:L-システイン
  6. シミに効く成分の特徴と働き:ルシノール
  7. シミに効果的な成分の働きと摂取できる食物:亜鉛
  8. シミに効果的な成分の働きと摂取できる食物:ビタミンE
  9. シミに効果的な成分の働きと摂取できる食物:ビタミンA
  10. シミに効果的な成分の働きと摂取できる食物:アスタキサンチン