シミ消す化粧品ランキング決定版TOP » シミに効果的な成分の働きと摂取できる食物, シミを消す仕組み » シミに効果的な成分の働きと摂取できる食物:シス・ウンベル酸

シミに効果的な成分の働きと摂取できる食物:シス・ウンベル酸

shimi024シミの予防や改善のためには日常の肌のお手入れとともに食生活も大切といわれています。
シミを予防したり取れるといわれている食べ物の成分はいくつかありますが、ここではシス・ウンベル酸についてご紹介していきます。
シミの原因として、紫外線を浴びたときに皮膚の基底層にあたるメラノサイトが刺激を受けてメラニンをつくりだします。
メラニンの量がどんどん増える一方で新陳代謝が追い付かなければ色素が沈着してシミになってしまいます。
メラニンの生成に必須なのがチロシナーゼと呼ばれる酵素なのですが、シス・ウンベル酸はチロシナーゼの働きを抑える働きをすることが分かったのです

この研究を行ったのは製麺会社のチームです。
日本で一般的なそばにはほとんど含まれていないのですが、「苦そば」とも呼ばれる、色が黄色くて苦い、韃靼そばに豊富に含まれていることが分かりました。
そばの黄色い茹で汁にもシス・ウンベル酸が豊富に含まれているとされていて、そば湯を飲むことでも効果があります
また、苦そば茶も販売されていますから、お茶を飲むことでも効果が得られそうです。
韃靼そばは、モンゴル系の遊牧民族がバイカル湖周辺で古くから栽培して食用としてきて、不老長寿の効果が高かったようです。
現在では中国の雲南省や四川省、モンゴルやネパールなどの標高の高い国や地域を中心に栽培されています。

栄養成分としてルチンも非常に多く含まれています。
ルチンはポリフェノールの一種で、摂取することにより毛細血管が強くなり、生活習慣病の予防にも効果が高いとされていますから、積極的に摂取したいものです。

韃靼そばと一緒にビタミンCを摂取するとルチンの働きが良くなり、美肌効果も高まるとされています。
また、そばの苦みには血液の状態を改善したり免疫力を高めるケルセチンが含まれています。
最近では、韃靼そばの健康効果に注目し、日本国内でも北海道を中心に栽培が行われるようになってきました。


関連記事

  1. シミに効く成分の特徴と働き:トラネキサム酸
  2. シミに効く成分の特徴と働き:ビタミンC
  3. シミに効く成分の特徴と働き:レチノイン酸
  4. シミに効く成分の特徴と働き:コウジ酸
  5. シミに効く成分の特徴と働き:L-システイン
  6. シミに効く成分の特徴と働き:ルシノール
  7. シミに効果的な成分の働きと摂取できる食物:亜鉛
  8. シミに効果的な成分の働きと摂取できる食物:ビタミンE
  9. シミに効果的な成分の働きと摂取できる食物:ビタミンA
  10. シミに効果的な成分の働きと摂取できる食物:フェルラ酸