シミに効く成分の特徴と働き:L-システイン

shimi040お肌の悩みの常に上位にランクインするシミやくすみは残念ながら年齢とともに多くの人に現れてしまいます。
これは紫外線による影響が大きくかかわっていると言われていますが、UVケアを念入りにしても、やはり全く作らなくするのはなかなか難しいようです。
もちろん紫外線だけではなく肌にシミやくすみが現れてしまう原因は他にもあります。
皮膚を過度に刺激することによるものや、高齢者によくみられる老化現象としてあらわれてくるもの、特に女性に多いのがホルモンバランスの乱れによるものです。

シミやそばかすなどを取るための最も効果的な方法はメラニン色素を作らせないということです。
メラニン色素はメラノサイトが刺激されて作られるのでメラノサイトが刺激されないようにすればよいことになります。
メラノサイトを刺激する存在はチロシナーゼや活性酸素などがあり、それらの原因が体内に入らないようにすることと、それらを体外へと排出するようにすることで効果を発揮します。
シミケアの最適な成分としてよく耳にするのがL-システインで、メラニン色素の生成を抑制する働きがあり、アミノ酸の一種で美白効果が優れているため、スキンケア化粧品以外にもサプリメントやドリンク類にも配合されているものが多数あります
L-システインを摂取することで紫外線ダメージを受けてもメラニン色素の生成を抑えてくれる効果があり、すでにできてしまったメラニン色素を古い角質と一緒に排出してくれる効果も期待できます。

また、抗酸化作用もあり、活性酸素によってメラニン色素が作られるのを防止する役割もあります。
メラニン色素はメラノサイトが刺激されて作られ、そのメラノサイトは酵素のチロシナーゼを合成してメラニン色素を作りますが、L-システインは、その酵素チロシナーゼの活性化を抑えてくれる効果もあります
その上ターンオーバーを活発にしてメラニン色素を排出させる働きもあるので、シミを取るには大変効果的な成分です。


関連記事

  1. シミに効く成分の特徴と働き:トラネキサム酸
  2. シミに効く成分の特徴と働き:ビタミンC
  3. シミに効く成分の特徴と働き:レチノイン酸
  4. シミに効く成分の特徴と働き:コウジ酸
  5. シミに効く成分の特徴と働き:ルシノール
  6. シミに効果的な成分の働きと摂取できる食物:亜鉛
  7. シミに効果的な成分の働きと摂取できる食物:ビタミンE
  8. シミに効果的な成分の働きと摂取できる食物:ビタミンA
  9. シミに効果的な成分の働きと摂取できる食物:フェルラ酸
  10. シミに効果的な成分の働きと摂取できる食物:アスタキサンチン