シミに効く成分の特徴と働き:ビタミンE

shimi027シミはなぜできるのでしょうか。
私たちは、毎日、外出する度に紫外線をあびています。
その紫外線を多く浴びることで、つくってしまうのです。
もちろんそれだけではなく、人は、確実に年々歳を重ねていっています。
加齢とともに、体の機能も変化していきます。
ホルモンバランスの乱れと新陳代謝の低下と、紫外線の過剰摂取で発生するのがシミなのです。
黒い傘等で、紫外線カットにつとめるのは、まず、もとになる紫外線から体を守るためです。

それでは、一度出来てしまったら消す事ができないのでしょうか。
実際、シミに悩む多くの方は、何らかの手段によって、シミを取ることに努力しています。
例を挙げますと、尿素入りクリームを使う、また、血行を良くし新陳代謝をよくするために、顔の筋肉をほぐすようにマッサージをする、そして、その努力をしつつ、やはり大切なのは食事です。
生命維持に必要不可欠な食事は、同時に、人の体をつくり、作用し、多大な影響をあたえます。
必要なビタミンにもかかわらず、不足しがちなビタミンとして、しばしば取り上げられているのが、ビタミンEです。
このビタミンEは、別名「若返り」のビタミンといわれ、ホルモンバランスの乱れからくるシミに、特に必要なビタミンであると言われています。
女性のみならず、男性にも、つまり、人間にはなくてはならないビタミンで、しかも不足しがちなために、自覚して摂取する必要のあるビタミンです。
例えば、サラダを食べる、そこに、赤ピーマンの千切りをプラスする、この赤ピーマンにもふくまれているのです。
このビタミンを多く含む食材は、モロヘイヤ、うなぎのかば焼き、かぼちゃ、アーモンド、ホウレン草、前述の赤ピーマン
など。

いつもの食事にでてくるものばかりとは言えないでしょう。
家庭で、野菜料理をバランスよくいただく・・・これが、仕事の忙しさ故に満たされない場合も多いです。
だから、意識して摂取する。
新陳代謝をよくし、シミを取る対策として、効果のあるビタミンEを含む食材で、ホルモンバランスを整える、これは大切な事だと言えます。


関連記事

  1. シミに効く成分の特徴と働き:トラネキサム酸
  2. シミに効く成分の特徴と働き:ビタミンC
  3. シミに効く成分の特徴と働き:レチノイン酸
  4. シミに効く成分の特徴と働き:コウジ酸
  5. シミに効く成分の特徴と働き:L-システイン
  6. シミに効く成分の特徴と働き:ルシノール
  7. シミに効果的な成分の働きと摂取できる食物:亜鉛
  8. シミに効果的な成分の働きと摂取できる食物:ビタミンE
  9. シミに効果的な成分の働きと摂取できる食物:ビタミンA
  10. シミに効果的な成分の働きと摂取できる食物:フェルラ酸