シミ消す化粧品ランキング決定版TOP » シミに効く成分の特徴と働き » シミに効く成分の特徴と働き:エラグ酸

シミに効く成分の特徴と働き:エラグ酸

shimi003シミに効くといわれるエラグ酸とはイチゴやラズベリー、クランベリーなどの果実に含まれるポリフェノールの一種です。
強い抗酸化作用を持っており、美白化粧品などに配合されているエラグ酸はタラの実などから抽出された輸入品を使用されることが多いようです。
厚生労働省が認可した成分の一つで、美白への働き方としてはメラニン色素を生成する酵素のチロシナーゼの働きを抑える作用があります。
チロシナーゼというのは銅イオンと結合して活性化する酸化酵素の一種で、動物の皮膚や植物の細胞の中に存在しています。

人間の肌は紫外線を浴びたり刺激を受けることによってチロシナーゼの働きがが活性化してチロシンと結びつくことでメラニンを作り出します。
この成分はチロシナーゼの中の銅イオンを除去することで活性化を抑え、シミやそばかすなどの原因になるメラニンの生成を防ぎます。
メラニンの生成を抑えることでできてしまったシミを取るというよりはシミなどができてしまうのを防ぐ予防美白の効果の高い成分です。
抗酸化物質としても注目を浴びている物質で、アンチエイジング効果の高い美肌効果も期待できる成分です。

豊富に含まれる食品としてはイチゴなどのベリー類マメ科の植物などです。
そのためこれらの食品に対するアレルギーのある人が肌につけた場合には刺激を感じたり肌が腫れたりする可能性があるので注意が必要です。
シミ予防など美白効果の高さが注目を集めている成分で細胞の突然変異や発がん物質を抑えてガンの発生率を減らす作用があるという研究結果も報告されており、美容効果だけでなく人間の体を健康に保つための優れた健康効果を持つエラグ酸は抗酸化作用のあるポリフェノールの一種であり、体の中の錆を取り除き、毒素を排除して殺菌してくれる作用があるため、体内の様々な内臓機能の活性化に役立つ成分とも言われています。
心臓病の予防や尿酸値を下げる効果により、痛風の予防としても使用されています。


関連記事

  1. シミ改善に必要なのは化粧水と美容液
  2. シミに効果のあるこぬかパックのレシピ
  3. シミを改善する酒粕パックの成分とレシピを紹介
  4. シミに効く成分の特徴と働き:トラネキサム酸
  5. シミに効く成分の特徴と働き:ビタミンC
  6. シミに効く成分の特徴と働き:レチノイン酸
  7. シミに効く成分の特徴と働き:コウジ酸
  8. シミに効く成分の特徴と働き:L-システイン
  9. シミに効く成分の特徴と働き:ルシノール
  10. シミに効く成分の特徴と働き:ハイドロキノン