シミ消す化粧品ランキング決定版TOP » シミの種類 » シミとほくろの違いとはどのような点でしょうか

シミとほくろの違いとはどのような点でしょうか

シミとほくろ、どちらも似たような感じがするだけに、ついつい同じものと考えてしまいがちですが、実はこの両者には大きな違いがあります。まずシミは、メラニン色素が皮膚に沈着したものです。医学的には日光性色素班と呼ばれ、紫外線やストレスなどの原因によって作り出されたメラニン色素が、皮膚から出て行かずに残っているような状態です。もうひとつ、肝斑と呼ばれるものもあります。これは女性ホルモンの乱れが原因です。しばらく経つと消えてしまうこともあります。また肝斑にはレーザー治療は効きません。それから、そばかすもシミの一種と考えられています。こちらは雀卵斑(じゃくらんはん)と呼ばれ、メラニン色素を作り出すメラノサイトの変質によって起こります。
一方ほくろですが、これはメラニン色素ではなく、メラノサイトそのものが増殖して起こるものです。ですから非常に黒く見えますし、また盛り上がっている場合もあります。医学用語では色素性母斑(ぼはん)と呼ばれ、ちょっと意外な話ですが、実は良性の腫瘍とみなされています。もちろん良性ですから、そのまま放置してもどうということはありません。しかし、かつては皮膚がんのもとになるとも考えられていました。この皮膚がんとは、悪性黒色腫(メラノーマ)と呼ばれる病気で、ほくろが大きくなったようなものが皮膚に表れるため、このように考えられて来たのですが、今では、メラノサイト自身ががん化することにより、発病するとみなされるようになって来ています。


関連記事

  1. シミの種類:ベルガモット皮膚炎の特徴と原因
  2. シミの種類:ADMの特徴と原因
  3. シミの種類:女子顔面黒皮症の特徴と原因
  4. シミの種類:花弁状色素斑の特徴と原因
  5. シミの種類:脂漏性角化症の特徴と原因
  6. シミの種類:日光性色素斑の特徴と原因
  7. シミの種類:そばかすの特徴と原因
  8. シミの種類:炎症性色素沈着の特徴と原因