シミ消す化粧品ランキング決定版TOP » シミを消す仕組み » ケミカルピーリングでシミ取りの仕組みについて

ケミカルピーリングでシミ取りの仕組みについて

shimi012年齢を重ねるにつれ、顔や手などに今ままでなく出来てしまったシミは1度出来てしまうとなかなか元には戻らず、専門のクリニックや薬などを使わない限り無かった事にはならないです。
シミの原因となるのはメラニン色素ですが、主な原因として1番挙げられるのは紫外線の刺激によるメラニン色素による活性化とされています。
その他でも原因はあり、加齢による皮膚細胞の再生の低下や寝不足やストレスなど普段でも気を付けていても防ぎようのない事まで原因とされています。

以前からシミ取り方法としてケミカルピーリングの方法が使用されていますが、ケミカルピーリングでシミを取る仕組みとは、古い角質を剥離することで角質に沈着したメラニン色素を取り除き出来てしまったシミを取りますが、できてしまった大きさやタイプや症状にも異なりますので一般的にはグリコール酸を患部に塗布し、その後角質や表面をはがしていきます。
ピーリングを行うことで角質層の構造や機能が改善され、肌本来のキメやハリを取り戻す効果が得られます。
ピーリングのメリットとして、肌表面の出来てしまったメラニン色素が消え皮膚にハリが出る他毛穴が詰まりにくくなる、くすみが消えて肌が明るくなり小じわが目立たなくなり肌トラブルが改善されるなど肌が生まれ変わるとして注目されています。
特に顔に出来てしまったものは、人と会う時でも気になり自分でお化粧する時もコンシーラーなどで隠さなければいけなく、自分でも憂鬱になっている方もいますがケミカルピーリングで悩みが解決でき赤ちゃんのようなすべすべの肌になれると人気のある美容法です。

普段の生活の中でも、メラニン色素を増やさないように努力も必要ですが規則正しい食生活と睡眠と適度な運動なども重要になり、外出する時は日焼け止めを必ず塗りビタミンが豊富な食事を心掛けるだけでも、これから出来てくるメラニン色素を抑えられますので、日頃から気をつけるようにしましょう。


関連記事

  1. シミに効く成分の特徴と働き:トラネキサム酸
  2. シミに効く成分の特徴と働き:ビタミンC
  3. シミに効く成分の特徴と働き:レチノイン酸
  4. シミに効く成分の特徴と働き:コウジ酸
  5. シミに効く成分の特徴と働き:L-システイン
  6. シミに効く成分の特徴と働き:ルシノール
  7. シミに効果的な成分の働きと摂取できる食物:亜鉛
  8. シミに効果的な成分の働きと摂取できる食物:ビタミンE
  9. シミに効果的な成分の働きと摂取できる食物:ビタミンA
  10. シミに効果的な成分の働きと摂取できる食物:フェルラ酸